ダイナースクラブ、60年の軌跡

日本にクレジットカードが誕生してから60年。クレジットカードとともに歩んできたダイナースクラブの歴史をご紹介します。

ニューヨークのレストランのテーブルから誕生

ダイナースクラブは、第2次世界大戦が終わってまだ日も浅い1950年(昭和25年)、アメリカで実業家マクナマラと友人の弁護士シュナイダーによって設立されました。

きっかけは、ニューヨークのレストランでのこと。食事を終えたマクナマラは財布を忘れてきたことに気づき、あわてて郊外の自宅に電話、夫人に現金を届けてもらいました。なんとか支払いは済ませたものの財布の到着を待っているのはかなり気まずいものでした。そこで彼は友人のシュナイダーに相談し、二人で1万ドルずつ出し合い、ツケで食事ができるクラブをつくることにしました。

クラブの名前は食事をする人という意味の「ダイナース」。ここに初めて、カードさえあれば、自分の顔を知らない店でも食事ができるクラブができたのです。

当時の日本の出来事
  • 聖徳太子の千円札の発行

12月2日 日本ダイナースクラブ創立

世界初 プラスチック製のクレジットカード発行開始

最初のカードは紙製でしたが、すぐにプラスチック製のカードに移行しました。当時は日本国内でしか利用できず、表面にサインをし、希望があれば裏面に写真を入れて発行しました。実は、プラスチック製のクレジットカードの発行を一番はじめに考案して使いだしたのは日本のダイナースクラブなのです。

年会費は1,800円。US$5を当時のレートで円換算した金額です。

カード会員誌の創刊

創刊時の名称は「The Diners Club Magazine」。1968年から、現在会員の皆様にご愛読いただいている会員誌「SIGNATURE」として発行。

当時の日本の物価
  • 東京の平均生活費:33,000円
  • 高額所得者の定義:年収200万円以上

世界初となる「口座振替制度」開始

今では当たり前の口座振替はここから始まりました。

国内初インターナショナルカード発行

年会費6,000円。このころ、ダイナースクラブカードが唯一海外で使用できる日本発行のクレジットカードでした。

当時の日本の物価
  • 大卒初任給 平均101,997円

フライト保険付帯サービス開始

このころからさまざまなクラブサービスを展開。T&E(トラベル・アンド・エンタテイメント)カードとして成長をはじめます。

空港ラウンジ開設(成田空港)

出発前の慌しさを忘れられる空港ラウンジ。今では日本国内のみならず、世界中に広がりました。

当時の出国者数
  • 466万人(前年より10%増、10年前のほぼ倍)

アミティプレゼント(現リワードプログラム)

バラエティーに富んだ賞品をお届けしているリワードプログラムの始まりです。当時は10,000円1ポイントで換算していました。

当時の日本の物価
  • サラリーマン平均年収 300万円

90年代はクラブサービスを拡充
より豊かなクラブライフをご提供しました

トラベル
・クラブラウンジ
・クラブホテルズ/旅の宿
・国内海外主催旅行
グルメ
・料亭プラン
・会員特別会食会
カルチャー
・能楽やクラシックの主催公演
・サラブレッドクラブ
ライフ
・永田農法野菜の宅配
・テレビ通販
・アンテナショップ

ダイナースクラブ公式ウェブサイト開設

リアルタイムな情報をお伝えするため、公式ウェブサイトを開設。いつでもどこでも必要な情報をご覧いただけます。

カードの多様化時代へ

ダイナースクラブ プレミアムカードの発行を皮きりに、銀座ダイナースクラブカードやANAダイナース プレミアムカードなどを次々と発行。2016年には待望のIC化を開始。

フランスレストランウィークへの協賛を開始

イタリアンレストランウィーク、銀座レストランウィークにも協賛し、ファインダイニングの輪を広げました。

ダイナースクラブカード IC化開始

待望のIC化を開始しました。サインに代わり暗証番号の入力でお支払ができます。セキュリティ面も向上し、安心してご利用いただけます。

ダイナースクラブ公式アプリ運用開始

スマートフォンから手軽にサービスを利用できるようになりました。

グルメサービスの充実

ご好評をいただいているエグゼクティブ ダイニングに加え、ごひいき予約.com、ごほうび予約を開始。

“次の60年へ”向けて