ごあいさつ

三井住友トラストクラブ株式会社 代表取締役社長 野原幸二

忘れがたい経験を
 -Remarkable Experience-

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

皆さまご案内のとおり、三井住友トラストクラブは昨年12月に三井住友信託銀行グループの一員として新たなスタートを切りました。国際カードブランドであるダイナースクラブカードの日本における唯一の発行会社として、世界に広がるネットワークを活かし幅広い展開を行って参ります。改めまして宜しくお願い申し上げます。

さて、三井住友トラストクラブでは、新たに会社が発足するにあたり、経営理念として「三井住友トラストクラブの目指す姿(ビジョン)」を定めました。それは、『国内最大・最高の信託事業と、独自の展開を遂げてきたカード事業を融合する本邦初のビジネスモデルを確立し、クラブメンバー・社会に貢献し続けます。』というものです。クレジットカードを媒体として、銀行とカード会社のそれぞれのお客さまを有機的に結びつけ、いわばワンストップショップ化することで、銀行とカード会社双方のお客さまの満足度を向上させる、そのようなビジネスモデルの実現を目指して取り組んで参ります。それがひいては、カードメンバーの方々の豊かな人生づくりのパートナーとして、弊社が貢献し続ける存在となることに他ならない、と考えております。

クレジットカード事業をとりまく環境としまして、現在日本政府は「キャッシュレス決済の普及による決済の利便性・効率性向上を図る」ことを指針として掲げており、そのため今後のクレジットカード業界の貢献にも大きな期待が寄せられております。このような環境下、お客さまのニーズも多様化し、技術および安全性の求められるレベルもこれまでにも増して高くなってきています。弊社といたしましては、日本経済の更なる発展に微力ながら寄与できるよう、お客さまの声を大切に、日々サービスの改善・向上に努めて参る所存です。これまで積み重ねてきた伝統と経験を活かし、上質で革新的なサービスやダイナースクラブ以外では体験できない忘れがたい経験-Remarkable Experience-のご提供に加え、三井住友信託銀行の投信運用コンサルティングや、遺言・相続、不動産といった分野においても広くお客さまにご活用いただけるよう努力いたします。

今後もカードメンバーの皆さまをはじめ、多くのお客さまに信頼していただけるパートナーとなれるよう役員・社員が一丸となって、一つひとつ着実に改善や解決を図って参ります。
末筆ながら、会員の皆さまのますますのご健勝をお祈り申しあげますとともに、引き続き温かいご支援を心よりお願い申しあげます。

三井住友トラストクラブ株式会社
代表取締役社長
野原 幸二